産経ニュース

4割超が孤独死「身近に感じる」 一人暮らし60歳以上のシニア 高齢社会白書

ニュース 政治

記事詳細

更新


4割超が孤独死「身近に感じる」 一人暮らし60歳以上のシニア 高齢社会白書

 一人暮らしの60歳以上の高齢者の4割超が「孤独死」を身近に感じると答えていたことが19日、内閣府の「高齢者の健康に関する意識調査」で分かった。政府は同日午前、平成30年版高齢社会白書を閣議決定し、調査内容を盛り込んだ。

 孤独死を身近な問題だと「とても感じる」「まあ感じる」と答えたのは、60歳以上の人全体で17・3%だったが、一人暮らし世帯では45・4%に上った。東京23区内では、28年の一人暮らしの65歳以上の自宅での死亡者数は3179人だった。

 調査では、家族や友人との会話の頻度が高い人ほど自分の健康状態を「良い」と評価する傾向が明らかになった。会話の頻度を「ほとんど毎日」と答えたのは、健康状態が「良い」と答えた人の90・1%にのぼり、「良くない」と答えた人の67・2%だった。

 白書では、先端技術を用いて高齢者の会話や外出を増やす取り組みについても取り上げた。例えば、生き物のように動く「アザラシ型ロボット・パロ」と触れ合った介護老人保健施設の入所者に、会話の増加やうつ症状の改善がみられたなどとする実証実験の結果を紹介した。

「ニュース」のランキング