PR

ニュース 政治

【産経・FNN合同世論調査】次期総裁、小泉進次郎氏、安倍晋三首相、石破茂氏が横一線 自民党支持層では首相が独走

衆院本会議に臨む自民党の石破茂元幹事長(右)と小泉進次郎筆頭副幹事長=3月23日、国会(斎藤良雄撮影)
Messenger

 産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)が16、17両日に行った合同世論調査で、9月の自民党総裁選で選出される次期総裁にふさわしい人物を聞いたところ、小泉進次郎筆頭副幹事長が26・9%で前月比3・6ポイント増え、トップとなった。2位は連続3選を目指す安倍晋三首相(党総裁)の25・2%で、同2・8ポイント上昇した。前月トップだった石破茂元幹事長は、同0・9ポイント減の24・1%で3位に後退した。

 全体の調査では3氏がほぼ横一線だが、自民党支持層に限ってみると、安倍首相が49・4%と同4・6ポイント上昇し、小泉氏(21・4%、同3ポイント増)と石破氏(13・9%、同6・4ポイント減)に大差をつけた。

 首相が支持を伸ばしたのは、12日の米朝首脳会談を受け北朝鮮情勢が流動化する中、トランプ米大統領と緊密に連携する首相への期待が高まったとみられる。

 石破氏は、立憲民主党の支持層で38・3%(首相は1・6%)、日本維新の会でも34・6%(同23・1%)の支持を集めた。公明党支持層でも石破氏への支持は27・3%と、首相の24・2%を上回った。無党派層では小泉氏が31・9%、石破氏が28・3%と続き、首相は11・1%だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ