PR

ニュース 政治

【正論】北が狙う「非核化プロセス」の罠 福井県立大学教授・島田洋一

Messenger

 非核化の理想型とされるリビア・モデルでは、2003年12月に独裁者カダフィが核放棄を正式表明し、1カ月後には米軍の大型輸送機が、本体から取り外された中核部品(ミサイルの誘導装置や遠心分離器の駆動装置)を一括して海外搬出した。

 この時点で核施設とミサイルの無力化は完了したといえる。残りはいわば鉄のかたまりにすぎず、多少の時間をかけてもよい。

 無論、北朝鮮の場合、核関連物資、ミサイルともにリビアの場合よりはるかに多い。

 しかし北が本気で協力するならば、核爆弾やミサイル中核部品の海外搬出は数カ月で完了できよう。最低でも10年はかかるなどという「米専門家」の意見に従う必要は全くないのである。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ