産経ニュース

【平成30年史 政界再編・インタビュー】細川護煕元首相「安倍さん、頑張っているが強引」「穏健な多党制へ早く選挙制度改革を」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【平成30年史 政界再編・インタビュー】
細川護煕元首相「安倍さん、頑張っているが強引」「穏健な多党制へ早く選挙制度改革を」

インタビューに答える細川護煕元首相=東京都港区(佐藤徳昭撮影) インタビューに答える細川護煕元首相=東京都港区(佐藤徳昭撮影)

 「38年ぶりに自民党一党支配を倒して、政権交代したということが第一。2つ目には、それまで野党は二世議員や労組などの幹部しか参入できなかったのを日本新党は初めて公募を通じて候補を集めたということです。今も与野党に出身者が大勢おり、人材供給ができた。それくらいでしょうか」

 --現在の政治状況をどう見ているか

 「ぐちゃぐちゃで何をしているのかよく分からない。安倍(晋三首相)さんは頑張っておられるなとは思うけれど、政治手法がかなり強引ですね。野党がだらしがないから、与党がますます強権的になる。党利党略でなく、もっと国益の観点から真摯な議論をしてほしいですね」

(坂井広志)

このニュースの写真

  • 細川護煕元首相「安倍さん、頑張っているが強引」「穏健な多党制へ早く選挙制度改革を」
  • 細川護煕元首相「安倍さん、頑張っているが強引」「穏健な多党制へ早く選挙制度改革を」
  • 細川護煕元首相「安倍さん、頑張っているが強引」「穏健な多党制へ早く選挙制度改革を」

「ニュース」のランキング