PR

ニュース 政治

【米朝首脳会談】安倍晋三首相「首脳署名文書、残してほしい」 トランプ氏に4月会談で助言…過去の「合意」教訓に

Messenger

日朝会談「やみくもに行うのではなく…」

 首相は金氏を「大きな決断ができる人物」と表現し、「相互不信という殻をお互いに破って一歩踏み出したい。そして解決したい」と述べた。ただ、日朝首脳会談については「やみくもに行うのではなく、拉致問題の解決に資する会談にしないといけない」と慎重な態度も見せた。

 河野洋平元衆院議長が拉致問題より国交正常化や戦後賠償を優先すべきだと主張したことに対し「北朝鮮に大変なサービスをされている。そういう発言は交渉力をそぐ。大先輩だから、大変残念だ」と述べた。

 トランプ氏が言及した米韓合同軍事演習の中止については「信頼を醸成するための善意」とし、北朝鮮が非核化に向け迅速に行動することが重要だとの認識を示した。同時に「在韓米軍を縮小するということでもない。日米の共同軍事演習なども今までのままだ」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ