産経ニュース

東京五輪を機に社会的障壁除去 政府「障害者白書」を閣議決定

ニュース 政治

記事詳細

更新


東京五輪を機に社会的障壁除去 政府「障害者白書」を閣議決定

 政府は15日、障害者施策の概況を報告する「平成30年版障害者白書」を閣議決定した。3月に決定した「第4次障害者基本計画」を冒頭で取り上げ、2020年東京五輪・パラリンピックを機に、障害者にとっての社会的障壁を取り除く取り組みを強力に進めるとした

 具体的には、公共交通機関のバリアフリー化などを推進し、安全で安心できる生活環境を整備するとともに、障害者に対する差別意識の解消に取り組む。子どもが障害の有無にかかわらず可能な限り一緒に教育を受けられる仕組みを整え、共生社会の実現を目指すとした。

 障害者白書は、障害者基本法に基づいて平成6年から毎年国会に提出されており、今回で25回目。

「ニュース」のランキング