PR

ニュース 政治

日朝交渉29年の歴史…常に米国の影 米朝関係進展は好機にあらず?

Messenger

経済協力はカードか

 日本政府は経済協力を交渉カードと位置づける。02年9月の日朝平壌宣言では、国交を樹立すれば「無償資金協力等の経済協力が実施される」と明記している。政府関係者は「1965年の日韓国交正常化に伴う経済協力を基に試算してみたら総額1兆円に上った」と明かす。

 金正恩体制にとって、1兆円規模の経済協力が魅力的に映ることは間違いない。一方で、日朝平壌宣言から約16年間、経済協力が日朝関係を大きく進展させる原動力とはならなかったのも事実だ。

 米朝交渉をにらみつつ、経済協力をテコに拉致問題の解決を図る-。過去のパターンを打ち破ることが求められる対北外交は、難所に差し掛かっている。(杉本康士)

 =肩書は当時

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ