PR

ニュース 政治

参院選改革で会派代表者懇談会 伊達忠一議長の「対案」要求に野党反発

国会内で開かれた、参院選の制度改革を巡る代表者懇談会。中央は伊達参院議長=13日午後 
Messenger

 参院各会派は13日、参院選制度改革に関する代表者懇談会を国会内で開いた。野党側は、比例代表に拘束名簿式を一部導入する自民党の公職選挙法改正案にそろって反発し、議論は平行線に終わった。14日の懇談会で引き続き協議する。

 13日の懇談会では、伊達忠一議長が野党側に対し、自民党案の「対案」となる法案を週内に提出するよう求めたため、協議が紛糾した。自民党案に明確な賛意を示す会派はなく、与党の公明党も「抜本改革といえるのか」と疑問を示した。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は懇談会後、伊達氏の提案について「非常に遺憾だ。議長は野党の意見を真摯(しんし)に受け止め、一致点を見いだすべく努力するものだ」と記者団に語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ