産経ニュース

【新潟県知事選】記者座談会(上) 野党共闘候補敗北、政権批判一辺倒が足かせに 評論家の応援演説も裏目

ニュース 政治

記事詳細

更新

【新潟県知事選】
記者座談会(上) 野党共闘候補敗北、政権批判一辺倒が足かせに 評論家の応援演説も裏目

新潟県知事選で野党党首らとともに拳を突き上げる池田千賀子氏(後列右から2人目)=2日、新潟市中央区のJR新潟駅前(太田泰撮影) 新潟県知事選で野党党首らとともに拳を突き上げる池田千賀子氏(後列右から2人目)=2日、新潟市中央区のJR新潟駅前(太田泰撮影)

 C「選挙後、野党側は『政権への批判の大きさを示した』と強弁したが、総力戦で支えた統一候補の敗戦は大きな痛手。選挙戦略の練り直しを迫られるだろう」

 D「安中と池田の票を足せば、花角を8500票余り上回る。政権や官僚への批判から花角が逆風にさらされた面もある」

 --投票率は58・25%と前回選を5・20ポイント上回った

 B「大接戦が予想され、関心を集めたのではないか。期日前投票が有権者に浸透した効果もある」

 A「投票日が好天に恵まれたこともあるが、スキャンダルからの出直し選で、本県初の女性知事が誕生する可能性もあり、野党幹部が応援に顔をそろえるなど話題が多かったからではないか」

「ニュース」のランキング