産経ニュース

成人18歳に、改正民法成立 2022年から施行

ニュース 政治

記事詳細

更新


成人18歳に、改正民法成立 2022年から施行

東京ディズニーランドで開かれた千葉県浦安市の成人式=1月8日 東京ディズニーランドで開かれた千葉県浦安市の成人式=1月8日

 改正民法と合わせて見直された22の法律は、20歳を維持するためのものと、条文上「20歳」と明記されているものを「18歳」に直すものに大別される。

 前者の代表例は飲酒可能年齢を定めた未成年者飲酒禁止法。同法は20歳未満の飲酒を禁じており、飲酒可能年齢は変更しない。しかし、法律名が「未成年者」になっており、内容との齟齬(そご)が生じてしまうため、名称を「二十歳未満ノ者ノ飲酒ノ禁止ニ関スル法律」に変えた。

 後者の代表例は旅券法。パスポートの有効期限について「20歳未満の者である場合は5年とする」と規定しているが、この「20歳未満」を「18歳未満」に変え、18歳から有効期限10年のパスポートを取得できるようにした。

 一方、免許や資格取得に関して「未成年者は不可」と規定している医師法や公認会計士法の条文は変更しない。このため、理論上は18歳で医師や公認会計士になることも可能となる。

 また、少年法の適用年齢を18歳未満に引き下げる少年法の改正については、法制審議会(法相の諮問機関)で審議中。

「ニュース」のランキング