産経ニュース

【米朝首脳会談】日本政府、拉致では評価 「諸懸案解決への第一歩」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【米朝首脳会談】
日本政府、拉致では評価 「諸懸案解決への第一歩」

米朝首脳会談を受け記者団の質問に答える安倍晋三首相=12日午後、首相官邸(春名中撮影) 米朝首脳会談を受け記者団の質問に答える安倍晋三首相=12日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍首相は11日夜には、周囲にこう語っていた。来週にも開かれる米朝協議の先には、拉致問題解決のための日朝首脳会談も見据えている。前途は山あり谷ありで決して平(へい)坦(たん)ではない。

 北朝鮮はこれまで何度も米国をはじめとする国際社会との約束を破り、核・ミサイル開発を進めてきた。このことは政府にとっては織り込み済みの話だ。

 一方、政府内では共同声明には明記されなかったものの、拉致問題をトランプ氏が安倍首相の主張通りに提起したことへの評価は高い。共同声明は米朝間の文書であり、もともと拉致問題が入る性質のものではないとの観測があった。

 反対に、核・ミサイル問題では「だめな内容。北朝鮮に譲ってしまった」(政府高官)との失望もある。小野寺五典防衛相は12日午前の時点で、記者団にこう懸念を表明していた。

 「米朝会談が進み、一定の約束が仮にあったとしても、(北朝鮮の)具体的な行動がしっかりと確認できるまでは決して気を許すべきではない」

続きを読む

「ニュース」のランキング