PR

ニュース 政治

【米朝首脳会談】国民民主・大塚耕平共同代表「拉致問題は大きな進展がなかったと言わざるをえない」

国民民主党の大塚耕平共同代表
Messenger

 国民民主党の大塚耕平共同代表は12日夕、トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長による初の米朝首脳会談について「合意文書の内容は、先の板門店宣言の内容を確認した程度にとどまっている。今後の米朝協議の進展、具体的な北朝鮮の非核化プロセスへの着手などを見極めた上で評価しなければならない」との見解を示した。党本部で記者団に語った。

 トランプ大統領が日本人拉致問題を提起したことに関しては「具体的にどのように言及したのか、日本政府はすみやかに確認をして国民に説明をする必要がある」と述べ、「今得られている情報だけから判断すれば、拉致問題については大きな進展がなかったと言わざるをえない」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ