産経ニュース

自民党が参院選「一票の格差」是正へ定数6増法案を了承 

ニュース 政治

記事詳細

更新


自民党が参院選「一票の格差」是正へ定数6増法案を了承 

 自民党は12日午前の総務会で、参院選の「一票の格差」是正に向け、「鳥取・島根」「徳島・高知」の合区選挙区を継続する一方、選挙区と比例代表を合わせ定数を6増する公職選挙法改正案を了承した。

 公明党は改正案を容認する構えを示しているが、主要野党は反対の意向を表明しており、今国会成立に向けた調整は難航している。

 改正案は、議員1人当たりの有権者数が最も多い埼玉選挙区の定数を2増やし、格差是正を図る。比例代表の定数も4増やし、事前に定めた順位に従って当選者を決める「拘束名簿式」の特定枠を一部導入する。

「ニュース」のランキング