PR

ニュース 政治

外務省ロシア課長に宮本哲二氏 セクハラ疑いの前任更迭で

Messenger

 外務省は11日、停職9カ月の懲戒処分を受けてロシア課長を更迭された毛利忠敦氏の後任に、宮本哲二アジア大洋州局地域政策課長を充てる人事を発表した。毛利氏には省内の女性に対するセクハラの疑いがある。相木俊宏欧州局審議官のロシア課長事務取扱は解除する。発令は11日付。

 毛利氏の処分理由について、外務省は「被害者の特定につながるようなことは一切、対外的にお答えしていない」(河野太郎外相)と詳細な説明を拒んでいる。

 宮本氏は慶大卒。平成5年に外務省に入り、在ロシア大使館参事官や南東アジア1課長を経て昨年9月から地域政策課長だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ