PR

ニュース 政治

自民・柴山昌彦筆頭副幹事長、決裁文書改竄は「首相答弁がきっかけ、紛れもない」

自民党の柴山昌彦筆頭副幹事長
Messenger

 自民党の柴山昌彦筆頭副幹事長は8日の記者会見で、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題に絡み「報道が指摘する通り、国会における安倍晋三首相の答弁が少なくともきっかけになったことは紛れもない事実だろう」と述べた。

 記者会見に同席した新藤義孝政調会長代理は柴山氏の発言について「(改竄は)首相の発言で指示が出たわけではない」と否定。「佐川宣寿前国税庁長官が自分の答弁の整合性を図るためにやった。原因は首相の答弁ではないと私たちは思っている」と釈明した。

 記者会見は、柴山氏が座長を務める党の文書改竄問題に関する党の調査プロジェクトチームと、新藤氏が委員長を務める公文書管理改革検討委員会の合同会議後に開かれた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ