産経ニュース

自転車活用推進計画を決定 シェアサイクルの推進盛り込む

ニュース 政治

記事詳細

更新


自転車活用推進計画を決定 シェアサイクルの推進盛り込む

「シェアサイクル」を利用する観光客ら=京都市東山区の京阪三条駅前(西川博明撮影) 「シェアサイクル」を利用する観光客ら=京都市東山区の京阪三条駅前(西川博明撮影)

 政府は8日、環境負荷低減と健康増進などを目的とした自転車活用推進計画を閣議決定した。自転車のシェアリングサービス「シェアサイクル」を、都市交通システムとして普及させるため、平成32年度までに専用駐輪場(サイクルポート)を1700カ所に倍増させるほか、東京五輪・パラリンピック開催対応の一環として駅などに重点配備する。

 シェアサイクルの専用駐輪場は、28年度には大都市を中心に全国852カ所に設置されている。駅から徒歩圏内の目的地までといった利用がしやすくなるよう、駅周辺での専用駐輪場の設置を促すほか、路上や公共用地の利用を検討。一方、交通システムとして確立するため、関係府省庁による会議でシェアサイクル事業者に対する規制や普及支援のあり方を検討する。

 また、自転車通勤率を、27年度の15・2%から、32年度に16・4%へ引き上げるため、通勤手当の支給や通勤災害対応など、自転車利用にからむ課題を検討し、企業向けの手引きを作成する。

 計画は、交通手段に自転車を活用した良好な都市環境の形成や、観光立国実現に向けてサイクルツーリズムを推進など4つの目標を掲げる。サイクリングモデルルートを40路線選定するなど、18施策については数値目標を設定した。

「ニュース」のランキング