PR

ニュース 政治

【日米首脳会談】安倍晋三首相、日朝会談に意欲 トランプ氏、拉致問題「必ず協議」

日米首脳会談を終え、共同記者会見に臨む安倍晋三首相(左)とトランプ米大統領(ロイター)
Messenger

 【ワシントン=田北真樹子】安倍晋三首相は7日午後(日本時間8日未明)、米ワシントンのホワイトハウスでトランプ大統領と会談し、12日の米朝首脳会談でトランプ氏が日本人拉致問題を提起することを再確認した。会談後の共同記者会見で首相は拉致問題解決のために、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談に意欲を示した。両首脳は北朝鮮の非核化に向けて緊密に連携し、制裁と圧力を維持する考えで一致した。

 日朝首脳会談について首相は会見で「拉致問題を早期に解決するため、私は北朝鮮と直接向き合い、話し合いたい。あらゆる手段を尽くしていく決意だ」と述べた。「最終的にはやはり私と金委員長との間で解決をしなければならない」とも語った。

 首脳会談で首相は、米朝首脳会談で拉致問題をどのように提起すべきかを説明した。トランプ氏は会談で拉致問題を「首相の望む形で必ず協議する」と明言。首相は会見で「提起すると約束してもらったことを、うれしく思う」と語った。

 首相は日本による北朝鮮への経済支援は、核、ミサイル、拉致問題が包括的に解決し、国交正常化が実現した後になることも改めて説明した。トランプ氏は理解を示したという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ