PR

ニュース 政治

【新潟県知事選】新潟知事選テコ入れ 二階俊博幹事長が新潟入り 総裁選視野「まるで派の選挙」

Messenger

 二階派のベテラン議員は「他派と比べ、力の入れ方が違う。まるで二階派の選挙だ」と評する。

 一方で二階氏は、新潟入りしても街頭演説など表の場には姿を見せず、現地の日程を報道陣に公表しなかった。花角選対の主力であるべき党新潟県連は、野党の国政批判戦術に巻き込まれないようにするため、政党色を消す「県民党」を掲げてきた。しかし、終盤になっても支持固めが徹底し切れてなく、両陣営が横一線で並ぶ状況を前に、二階派には「地元はのんびりしている」などと不満が募っていた。

 20日の今国会の会期末を前に、知事選の結果次第ではカジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案など重要法案の行方にも影響を与えかねない。

 二階氏が特に懸念するのは、9月の自民党総裁選への悪影響だ。二階派は連続3選を目指す安倍晋三首相(党総裁)への支持を鮮明にしているが、知事選で敗れれば首相の求心力に傷がつき、総裁選にも深刻なダメージを与えかねない。

 二階氏は花角陣営の「ステルス」戦術を受け入れつつも、現地に押しかけた記者団には、きっぱりとこう語ってみせた。

 「あらゆる選挙に自民党は全て勝つという意気込みで全力を尽くす」

 池田陣営は安倍政権への批判を徹底している。6日は立憲民主党の枝野幸男代表が告示後2度目となる新潟入りし、派手な「空中戦」を展開した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ