PR

ニュース 政治

【森友文書改竄】西村康稔官房副長官「ないと言ったものが出てきた。非常に憤りを覚えている」

西村康稔官房副長官(宮川浩和撮影)
Messenger

 西村康稔官房副長官は6日午前の記者会見で、森友学園に関する財務省の決裁文書改竄問題に関し「私自身も昨年、衆院予算委員会の理事で、何度も『文書はあるのか』と財務省に聞いて(財務省が)『ない』と言ったものが出てきた。非常に憤りを覚えている」と述べた。その上で「徹底して再発防止に向けて取り組んでほしい」と話した。

 自民党内では、財務省が発表した調査報告に批判が相次ぎ、党による検証の場を設ける案も浮上している。西村氏は「自民党内の議論も踏まえながら、われわれとしては与党や国会に真摯に説明をしていく。特に財務省はしっかりと説明をしてほしい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ