PR

ニュース 政治

【森友文書改竄】会見詳報(6)「佐川氏からこれ以上聞かせてもらうことは考えていない」矢野官房長

Messenger

 --契約金額公表同意書だが、もともと契約条件に非公表にすると盛り込まれていたためにこの文書を作ったのか

 太田充理財局長「契約書に非公表と書いてあったわけでない。ただ、契約するときに契約しないでほしいと要請があったので、明確に同意するために書類を作った」

 --行政手続き上、契約条項にあるものを変更する場合において契約書を作ると思うが、これは特異な例ではないのか

 太田氏「特殊かどうかは確認してみないと分からないが、報道があってということで、明確に同意を頂いた方がよいと判断したと思う」

 --佐川氏の懲戒処分は国会公務員法上で正しいのか

 伊藤氏「そもそも文書管理ルールによれば、期限が来たものは公文書館に持ち込むか廃棄するか。廃棄せねばならないわけだが、そういう意味ではただちに法令違反ということは認じがたい。法令上の問題はなかったが、国会から提出を要請されたさなかで、結果としてはあるものをなきものにする流れをやってしまった。佐川氏は事実上、破棄を進めて、結果的には 国会の要請にそぐわない廃棄という活動を局としてやってしまったので、局の長の責任は当然問われるべきだと思います」

 --廃棄の方向性を決定づけたのか

 伊藤氏「方向付けたと思います」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ