産経ニュース

【森友文書改竄】会見詳報(3)佐川氏の指示「あったと言って構わない」伊藤秘書課長

ニュース 政治

記事詳細

更新

【森友文書改竄】
会見詳報(3)佐川氏の指示「あったと言って構わない」伊藤秘書課長

森友学園に関する調査報告を受けての会見で頭を下げる(奥左から)財務省の太田充理財局長、矢野康治官房長、伊藤豊秘書課長=4日午後、東京・霞が関の財務省(斎藤良雄撮影) 森友学園に関する調査報告を受けての会見で頭を下げる(奥左から)財務省の太田充理財局長、矢野康治官房長、伊藤豊秘書課長=4日午後、東京・霞が関の財務省(斎藤良雄撮影)

 --麻生財務相の給与返納は、任命責任なのか監督責任なのか

 伊藤氏「自主返納なので、大臣ご自身の判断として行った。それ以上の説明は、私ども事務方からは不可能だ」

 --政治家関係者との応接記録廃棄の経緯だが、廃棄されたのはいつか

 伊藤氏「関係者の証言を総合すると、2月21日より後、遠くない時期だ」

 --総務課長が廃棄を指示されたと受け止めたということだが、佐川氏は指示をした認識があったのか

 伊藤氏「当人の認識が食い違う部分がある。総務課長は廃棄を指示されたという認識があり、部下に伝達した。理財局長はそこまでの認識はなかったと思う」

 --一連のやり取り、世間では忖度というのではないか

 伊藤氏「忖度の定義についてコメントするのは避けたい。報告書にある通りだ」

 --総務課長は佐川氏の意をくんで行動したという認識でいいのか

 伊藤氏「その通りだ」

 --第三者委員会設置の考えはないというが、捜査に対しても、応接記録出していなかったり、間違った記録を出しているが

 矢野氏「会計検査院には改竄したもの、ないといって出さなかったりしたのは確かだ。検察当局にすべてをお見通しという状態で、出すべきものが出ていなかったということはない」

続きを読む

このニュースの写真

  • 会見詳報(3)佐川氏の指示「あったと言って構わない」伊藤秘書課長

「ニュース」のランキング