PR

ニュース 政治

【森友文書改竄】会見詳報(4)「役に立つ人と書いて役人。人徳なき学識は社会罪」矢野官房長、ガンジーの名言引用、官僚論展開

Messenger

 --調査はしたのか

 伊藤氏「なんで止まらなかったのか、反省を述べる職員はいるが、官房になぜ上げなかったのかをいう職員はいない。ガバナンス、コンプライアンス、統制をどう利かせるべきか、反省がある」

 --官房がなんで情報が上がってこなかったのかと、あえてそういう姿勢で調査しなかったのか

 伊藤氏「官房にそういう問題意識はなかった。今後検証していく」

 --3月上旬まで、組織として、誰も知らなかった、事後検証するときに、なぜ、理財局で情報が止まったのか検証するのか

 伊藤氏「組織の在り方と思うし、(今回の調査で)そこまでの検証はしていない。再発防止のところでそういう検証をしていかないといけない」

 --調査手法で佐川氏がどう言っているか具体的には言えないということだったが、刑事訴追の可能性があるので、国会でも証言しなかった。なぜ、具体的にいえないのか

 伊藤氏「調査で引き取ったことをこの人はこう言っていたと公表することは私共の監察業務に多大な影響が出るため」

 --大臣も会見で「なぜ改竄したか分からない」といっていた。調査が不完全なのか、限界があるのか

 伊藤氏「私共から評価を申し上げることはできなくて、とにかく私共が精一杯調べた内容を公表した」

 矢野氏「ちゃんと出すものは出して説明するという王道を行くことはできたが、安易な方法をとってしまった。決済文書がこんなについているのがおかしいとか、目の前のリスクから逃げた。なぜそういうことをしたかは疑問が残る」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ