PR

ニュース 政治

【森友文書改竄】会見詳報(1)「私のリーダーシップの下、信頼回復に努める」麻生氏、閣僚給与12カ月返納

財務省の森友学園に関する調査報告を受け会見する麻生太郎副総理兼財務相=4日午後、東京・霞が関の財務省(斎藤良雄撮影)
Messenger

 財務省の学校法人「森友学園」(大阪市)との国有地取引に関する決裁文書の改竄問題で、麻生太郎財務相は4日午後会見し、「行政文書を改竄(かいざん)し、それを国会に提出することはあってはならないことで、はなはだ遺憾だ。交渉記録について極めて不適切な取り扱いがなされ、改めて深くおわびを申し上げる」と述べ陳謝。改竄に関与した職員へ処分を行うとともに、行政全体の信頼を損なったことを踏まえ、自身の閣僚給与の12カ月分を自主返納する方針を明かした。

 午後3時半の会見予定時間から約2分遅れで会見場に現れた麻生氏は、無数のカメラのフラッシュを浴びながら着席。特に頭を下げることなく、報道陣に配った大臣談話を読み上げた。

 麻生氏は「財務省として、今回の事態を真摯(しんし)に反省し、二度とこうしたことが起こらないよう、文書管理や決裁手続きなどに関する再発防止策を直ちに進める」と主張。「財務省が担う行政分野の課題について引き続き責任をもって取り組んでいく。私のリーダーシップの下、職員一同が一致団結し、こうした取り組みを全力で進め、信頼回復に努めていく」と述べ、引き続き財務相を続投する考えを示した。この後、報道陣とのやり取りが始まった。一問一答は次の通り。

     

 --今回の文書改竄は処分対象者が多数にわたり、組織ぐるみという見方もある

 「文書改竄のような行為が全省的かつ日常的に行われていたわけではない。調査結果を踏まえれば、当時の理財局で行われたと考えている。従って、関与した職員に対して厳正な処分を行った」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ