PR

ニュース 政治

【森友問題】財務省調査報告、自公幹部から苦言相次ぐ

Messenger

 自民党の二階俊博幹事長は4日の記者会見で、学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる決裁文書改竄などに関する財務省の調査報告と職員処分について「常識で考えてもあってはならないことで、コメントのしようがない。反省すべき人や部署はしっかり反省してもらいたい」と改めて苦言を呈した。

 二階氏は調査報告について「まだ受け取っていない」としつつ、処分内容については「それぞれの部署で協議して結論を出したことでしょうから、私は認めていいと思う」と述べた。

 一方、公明党の山口那津男代表も同日の政府与党連絡会議で、「国民の信頼を失墜する事態で誠に遺憾だ。政府として自浄作用が求められる。再発防止と立て直しに全力を挙げてほしい」と語り、再発防止策の確立と徹底を求めた。

 同時に「公文書問題の全体について、公務員の倫理観を改めて確立することが大事だ」とも指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ