産経ニュース

【自民党総裁選】安倍晋三首相、異例の県連大会出席 石破茂氏支持広がる滋賀にくさび 統一選へ非自民系知事と連携も

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党総裁選】
安倍晋三首相、異例の県連大会出席 石破茂氏支持広がる滋賀にくさび 統一選へ非自民系知事と連携も

自民党滋賀県支部連合会定例大会で演説する安倍晋三首相=2日午前、滋賀県大津市(沢野貴信撮影) 自民党滋賀県支部連合会定例大会で演説する安倍晋三首相=2日午前、滋賀県大津市(沢野貴信撮影)

 安倍晋三首相(自民党総裁)は2日、大津市内で開かれた党滋賀県連大会に出席し、憲法9条への自衛隊明記を含む改憲の実現に協力を呼びかけた。公務で多忙な首相が国会開会中に県連大会に出向くのは異例。首相は3選を目指す9月の党総裁選はもちろん、来年の統一地方選や参院選に向けた準備も加速させている。

 「憲法に自衛隊を明記して、違憲論争に終止符を打とうではありませんか」。琵琶湖岸のホテルで開かれた県連大会の講演で憲法改正への思いを熱く語った首相は、ご当地ネタもふんだんに織り交ぜた。

 赤いネクタイを着用した首相は「『井伊の赤備え』にあやかる」と述べ、彦根藩主を務めた井伊家の朱色の甲冑(かっちゅう)を意識したと説明。観光振興に関し「彦根城も人気ですよね」と語ると、隠し持っていたゆるキャラ「ひこにゃん」のマスコットを掲げ、拍手を浴びた。

 首相の地方の党会合への出席は「通常のことではない」(滋賀県連所属の有村治子参院議員)。背景にあるのは総裁選でライバルとなる石破茂元幹事長だ。

 平成24年の総裁選で滋賀県の党員投票は石破氏が首相の約1.8倍だった。石破氏は「今年既に3回も滋賀に来た」(県連関係者)という。県議の新年会に顔を出すほどで、「呼べば来てくれる政治家」として人気を広げる。首相の「湖国」入りは石破氏の支持層にくさびを打つ狙いがあったのは間違いない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相、異例の県連大会出席 石破茂氏支持広がる滋賀にくさび 統一選へ非自民系知事と連携も
  • 安倍晋三首相、異例の県連大会出席 石破茂氏支持広がる滋賀にくさび 統一選へ非自民系知事と連携も

「ニュース」のランキング