PR

ニュース 政治

日ベトナム首脳会談、中国の海洋進出「状況を複雑化させうる一方的行動」

共同記者発表を終え、握手するベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席(左)と安倍首相=31日夜、首相官邸
Messenger

 安倍晋三首相は31日、ベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席と首相官邸で会談した。両首脳は共同声明で南シナ海情勢について「現状を変更し、状況を複雑化させうる一方的行動」の自制を呼びかけ、ベトナムと領有権を争う西沙諸島の軍事拠点化など、強引な海洋進出を進める中国を牽制(けんせい)した。

 会談で首相は「自由で開かれたインド太平洋戦略」の意義を説明。会談後の記者会見では「メコン地域の連結性強化や、海洋安全保障分野での協力をいっそう進めたい」と表明した。クアン氏は「国際法の尊重に基づいた平和、安定、自由で開かれたインド太平洋地域の重要性で一致した」と応じた。

 北朝鮮情勢をめぐり、国連安保理の決議の順守や、完全な非核化に向けた取り組みが重要だとの認識でも一致。拉致問題解決に向けた協力も確認した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ