産経ニュース

【党首討論詳報(5)】共産党・志位和夫委員長「総理の職を辞することを強く求める」 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【党首討論詳報(5)】
共産党・志位和夫委員長「総理の職を辞することを強く求める」 

党首討論に臨む共産党の志位和夫委員長=30日午後、国会・衆院第1委員室(萩原悠久人撮影) 党首討論に臨む共産党の志位和夫委員長=30日午後、国会・衆院第1委員室(萩原悠久人撮影)

前のニュース

 安倍晋三首相(自民党総裁)と野党党首による30日午後の党首討論では、共産党の志位和夫委員長も登場し、学校法人「森友学園」「加計学園」の問題で追及した。討論の詳報は次の通り。

  

 共産党・志位和夫委員長「森友、加計問題について質問します。2つの疑惑が国会で問題になってから、1年以上がたちます。しかし1年以上たっても、国民の疑念は解消されるどころか、ますます深まる一方であります。なぜそんな事態になっているのか。私はこの1年余りの経過で明らかになった、あなたは政府も認めた5つの重大な事実を指摘したいと思います。

 第一に、森友疑惑では、昨年2月下旬以降、決裁文書の改竄という前代未聞の違法行為が行われていたことを政府は認めました。第二に、国と森友学園との交渉記録を廃棄し、残っていないとした昨年2月下旬以降の国会答弁が虚偽であったことを政府は認めました。虚偽答弁によって交渉記録を隠蔽しようとしたのです。

 第三に、交渉記録を破棄したという答弁に合わせて、昨年2月下旬以降、当時保管されていた交渉記録を実際に廃棄してしまったことを政府は認めました。第四に、加計疑惑では、『総理のご意向』などと書かれた文科省の内部文書が、昨年5月に明らかになりましたが、政府は当初これを怪文書などと決めつけ、隠蔽を図りました。『あったことをなかったことにできない』という前川(喜平)前文部科学事務次官の証言が行われるもとで、6月、通常国会の閉会間際になって、政府は文書の存在を認めるに至りました。

 第五に、柳瀬(唯夫)元首相秘書官は昨年7月の国会答弁では、2015年4月2日に愛媛県今治市の担当者と会ったことについて記憶にないと否定しましたが、今年5月の答弁では一転して、同時期に加計関係者と3回にわたって首相官邸で会っていたことを認めました。昨年7月の答弁は虚偽答弁だったことが明白です。

 これらの5つの行為。そのどれもが国民と国会を欺く行為であり、それが真相究明の重大な障害となってきたことは明らかであります。そこで総理に伺います。改竄、隠蔽、廃棄、虚偽答弁。このような悪質きわまる行為を引き起こした政権は、安倍政権が歴史上初めてなんです。あなたの政権のもとで一体なぜ、このような悪質な行為が引き起こされたのか。その理由を、総理はどう考えておられるのか。端的にお答えください」

続きを読む

このニュースの写真

  • 共産党・志位和夫委員長「総理の職を辞することを強く求める」 
  • 共産党・志位和夫委員長「総理の職を辞することを強く求める」 

「ニュース」のランキング