PR

ニュース 政治

ベトナム人の犯罪や失踪増加…友好へ課題山積 越国家主席が群馬訪問 

群馬県榛東村の小金井精機製作所前橋工場のベトナム人従業員の子供から花束を手渡されるベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席。左は大沢正明知事=29日(吉原実撮影)
Messenger

 国賓として来日したベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席が29日、群馬県を訪れ、大沢正明知事と会談したほか、ベトナム人が働く県内の工場を視察した。これまで県は経済分野などでベトナムと交流を深め、着実に成果を上げてきた。しかし、増加するベトナム人居住者の中から犯罪者が生まれたり、働きながら学ぶ「技能実習生」が勤務先から失踪したりするケースは日本国内全体で相次いでおり、群馬県も例外ではない。真の友好関係を築くための課題は山積している。(前橋支局 吉原実)

 大沢知事は会談で、多くのベトナム人が県内に居住していることに触れ、「県民にとって、ベトナムは非常に身近で親しみのある国だ」とあいさつした。クアン主席は、日本に到着後、すぐに群馬を訪れたとし、「(両国関係は)あらゆる分野において発展してきた」と応じた。

 その後、クアン主席は、34人のベトナム人を正規雇用している精密機械加工業の小金井精機製作所前橋工場(榛東村)を視察。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ