PR

ニュース 政治

週半分超「孤食」は15% 比率上昇と食育白書

Messenger

 政府は29日、平成29年度版の食育白書を閣議決定した。全ての食事を1人で取る日が週の半分を超える人は15・3%を占め、比率が上昇したとの調査結果を紹介。単身・少人数世帯が増え、こうした「孤食」が進む可能性があり、地域や職場などで食事を共にする機会づくりが重要だと指摘した。

 調査は29年11~12月、20歳以上を対象に実施。1日の食事全てを1人で済ます頻度を聞いたところ、「週4~5日」が4・3%、「ほとんど毎日」は11・0%だった。この質問を初めて設けた23年の調査からは比率の合計は約5ポイント上昇し、「時間や場所が合わない」「一緒に食べる人がいない」という声が目立った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ