PR

ニュース 政治

F35A最新鋭ステルス戦闘機5機を追加配備 青森・三沢に米から到着

Messenger

 航空自衛隊のF35A最新鋭ステルス戦闘機5機が28日、空自三沢基地(青森県三沢市)に追加配備された。三沢基地の同型機は既存の2機と合わせて7機となった。

 5機は26日に米ハワイから到着する予定だったが、同行する米軍空中給油機の不具合のため延期されていた。

 防衛省によると、今回到着したのは米ロッキード・マーチン社が完成させた4機と、愛知県の三菱重工業小牧南工場で組み立てられた1機。米西部アリゾナ州のルーク空軍基地で空自パイロットが訓練に使用した後、ハワイ・ホノルルのヒッカム空軍基地に移されていた。

 28日は米空軍パイロットが操縦して、日本時間の午前7時ごろにハワイを離陸、午後5時10分ごろ三沢基地に着陸した。

 F35Aは老朽化したF4戦闘機の後継機で、レーダーに映りにくいステルス性が高いのが特徴。三沢基地には2018年度中にさらに3機が加わり計10機態勢となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ