PR

ニュース 政治

働き方法案採決、飛び交う怒号 「茶番!」と叫んだ傍聴者強制退場 衆院厚労委

衆院厚生労働委員会で働き方改革関連法案の採決を阻止しようと高鳥修一委員長(中央)に詰め寄る野党議員=25日午後(春名中撮影)
Messenger

 働き方改革関連法案が可決された衆院厚生労働委員会では25日、過労死遺族らが神妙な面持ちで議論を傍聴していた。採決時には野党側の議員がなだれ込んで一時混乱したものの、けが人などはなく、野党側のプラカード戦術も鳴りを潜めた。

 採決が行われた衆院第16委員室。立(りっ)錐(すい)の余地もないほど200人近くの傍聴者が集まり、委員以外の野党側の「応援組」議員約30人が脇に備えていた。

 「質疑を終局することに賛成の諸君を…」と高鳥修一委員長(自民)が言い出した瞬間、西村智奈美議員(立憲民主)が委員長席に飛びかかり、議事進行の紙を奪い取った。その他の野党議員も席になだれ込み、委員長のマイクをひったくり、「ダメ!ダメ!」という怒鳴り声が飛び交った。

 野党側は女性議員を中心に委員長席を取り囲ませ、応援組議員の一部は腕を組んで遠くから眺めているだけ。平成27年の安全保障関連法など与野党対決法案の委員会採決時には、野党側が「強行採決反対」などと書かれたプラカードを掲げていたが、そうした行為はなかった。

 傍聴席では「茶番はやめろ!」と叫んだ年配の男性が警備員に室外に連れ出される一幕も。「全国過労死を考える家族の会」の寺西笑(えみ)子(こ)代表や、過労死したNHK記者、佐戸未和さん=当時(31)=の母、恵美子さんら遺族も傍聴していた。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ