PR

ニュース 政治

【米朝会談中止】安倍晋三首相「トランプ米大統領の判断を支持」

首相官邸に入る安倍首相=23日午前
Messenger

 【サンクトペテルブルク=小川真由美】安倍晋三首相は25日午前(日本時間同日午後)、トランプ米大統領が6月12日にシンガポールで開かれる予定だった米朝首脳会談の中止を表明したことに関し「会談が実施されなくなったのは残念だが、今回のトランプ大統領の判断を尊重し、支持する」と述べた。訪問中のロシア・サンクトペテルブルクで記者団の取材に応じた。

 首相は「なるべく早くトランプ大統領と電話会談をしたい」とも語り、ロシアから帰国する27日以降、早期にトランプ氏と電話会談し、北朝鮮政策をすりあわせる意向を明らかにした。

 米朝会談に向けた日本の役割に関し、首相は「大切なことは核、ミサイル問題、そして何よりも重要な拉致問題が実質的に前進する機会となるような首脳会談にしなければならない」と強調。その上で「日米、日米韓、またロシア、中国、国際社会としっかりと連携し、さまざまな問題の解決のために全力を尽す」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ