産経ニュース

【加計学園問題】加戸守行前愛媛県知事「学園側が戦果を誇示する話があったのかもしれない」 会見詳報

ニュース 政治

記事詳細

更新

【加計学園問題】
加戸守行前愛媛県知事「学園側が戦果を誇示する話があったのかもしれない」 会見詳報

加戸守行前愛媛県知事 加戸守行前愛媛県知事

 加戸氏「私は全くその通りだろうと思う。議長として、獣医学部というのが話題に上がっているというのは、総論としては平成27年9月に民間委員が、獣医学部設置は国家戦略特区の重要事項の一つとして、取り上げて決定している。獣医学部設置という道を開こうという方向は一般論としてご存じだったと思う。また、今治市が獣医学部を設置するという構想で臨んでいたということは国家戦略特区で今治の提案を取り上げていることはご存じだったと思う。それが加計学園だとは、公募で29年1月20日に決定されたときに諮問会議の議長として、事前に秘書官から加計学園が公募に応じて決まりましたという話を聞いて、『ああ、そうなの』と初めて知ったというのは全く違和感のない話だ。むしろ、当然だろうなと私は理解している」

 --首相と加計氏があった話も、加計学園側がストーリーを盛ったという風に考えているのか

 加戸氏「私は分かりませんけど、おそらく柳瀬唯夫元秘書官(現経済産業審議官)と、加計学園事務局長と面識があって、4月2日にアポが取れて行くことになった。そのときに今治市に対して『うちのほうはこんな努力をして、そして柳瀬秘書官から資料を求められたので、ちゃんと作っていきましょうね』ということじゃないか。『柳瀬氏に会うから持って行った方がいいよ』ってことは、指示があったかどうかというのは言葉のあやであって、手ぶらで行くわけがない。資料を持って行くのは当たり前のことだ」

続きを読む

「ニュース」のランキング