PR

ニュース 政治

【単刀直言】森喜朗元首相=後編=「プーチンは北極海で日本と手を組みたいんだ」「官僚や議員の質が落ちた理由が分かるかい?」

インタビューに答える森喜朗元首相=7日、東京・赤坂(酒巻俊介撮影)
インタビューに答える森喜朗元首相=7日、東京・赤坂(酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 国際情勢の展開が早くなっている。6月12日に米朝首脳会談が予定されてるけど、トランプ米大統領は北朝鮮の戦略にはまっている感じもするよね。非核化と引き換えに在韓米軍撤退を求められたら、応じかねないよ。そうなると日本の防衛ラインは38度線から対馬海峡まで一気に南下する。それでも日本は軍備がいらないと言えるのかな。

 北東アジアで一番危険な核保有国はどこですか。中国じゃないか。朝鮮半島が非核化されても日本は常に中国の核にさいなまれることになる。こうした事態にどう備えるのか。こういう議論を党首討論で大いにやればいいんですよ。

 もう一つはロシアだ。北朝鮮情勢に応じてどう動くか。ロシアは今まで踏ん切りがつかなかった。昨年、プーチン大統領に会った時に「6カ国協議はあまり積極的じゃなかったじゃないですか」と言ったら、プーチン氏は「ロシアからすれば、北朝鮮にはあまり変化してほしくなかった」という感じのことを言ってましたね。

 だが、北朝鮮の生殺を米中が握るとなると話は別だ。ロシアはどう関わっていくのか。プーチン氏の心底にあるのは、中国と長い国境で接していることへの怖さですよ。彼はこうも言ったんです。

 「米国が北朝鮮を攻撃しても米国は遠いから、北朝鮮国民2000万人の多くは国境を越えてロシアにやってくるが、その半分は日本に行くぞ。私も北朝鮮がこのままでよいと思っていないが、米国にやらせた後はどうするのか。日本に構えはできているのか?」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ