PR

ニュース 政治

【単刀直言】自民・石破茂元幹事長「国民の共感呼ぶ自民党でありたい」 同い年の岸田政調会長と「理念共有」

インタビューに応じる、自民党の石破茂衆院議員 =18日、東京都千代田区(荻窪佳撮影)
Messenger

 安倍晋三首相(自民党総裁)は昨年5月3日、憲法9条の1、2項を維持し、自衛隊を明記する改憲提案をされました。私は何度も同じことを言いました。国会閉会中に党所属議員や地方代表も参加した全党的な議論をしましょうと。ことは最高法規たる憲法です。かつて湾岸戦争や政治改革で自民党が経験した、朝から晩までぶっ通しでやるような議論を通じ、自民党の本気度を国民に見せていくことが大事ではないか。

 その後、党内では「(従来の改憲案では)まず公明党の理解が得られない」とか「(発議に必要な)衆参3分の2以上の賛成が得られない」などの話が先に来て、「今年の党大会までの素案策定」という日程ありきの議論が目立ちました。順序が逆だと思うのです。最初から決めつけるのでなく、まず自民党が何を目指しているのか国民に伝えることが大切です。

 自民党が平成24年発表の改憲草案を議論したときとは、ずいぶん景色が違います。当時(戦力不保持と交戦権の否定を定めた)9条2項削除への異論はほとんど出ませんでした。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ