産経ニュース

【阿比留瑠比の極限御免】日本「蚊帳の外」論は的外れ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極限御免】
日本「蚊帳の外」論は的外れ

山崎拓・元自民党副総裁=7日午後、東京都港区(佐藤徳昭撮影) 山崎拓・元自民党副総裁=7日午後、東京都港区(佐藤徳昭撮影)

中韓も協力の姿勢

 米国だけではない。5月9日の日中韓サミットでは、中国の李克強首相が中国内の抵抗を押さえ込んで共同宣言に北朝鮮が嫌がる拉致問題を盛り込んだ。

 また、このときの日韓首脳会談では、日頃は北朝鮮に融和的な文在寅大統領も、安倍首相に強い口調でこう約束した。

 「もしかして私を疑っているかもしれないが、私は国連決議に従って実施している制裁を勝手に解除することはない。信じてもらいたい。拉致問題でも、できることはすべて協力する」 一方、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞(電子版)は6日、日本について「1億年たっても、(北朝鮮の)神聖な地に足を踏み入れることはできない」と批判する論評を掲載した。

 日本「蚊帳の外」論は、北朝鮮が追い詰められ、包囲網の一端を突き崩そうと試みるときこそ浮上する。(論説委員兼政治部編集委員)

関連ニュース

「ニュース」のランキング