産経ニュース

米に皮肉、日本語ダジャレ…意外と自由?なロシア大使館ツイッター 専門家「プロパガンダに注意を」

ニュース 政治

記事詳細

更新


米に皮肉、日本語ダジャレ…意外と自由?なロシア大使館ツイッター 専門家「プロパガンダに注意を」

一般人のつぶやきに「恥を知れ」と反発した在日ロシア大使館のツイート(画像の一部を加工しています) 一般人のつぶやきに「恥を知れ」と反発した在日ロシア大使館のツイート(画像の一部を加工しています)

 しばしば重大発表がなされるトランプ米大統領のツイッターは世界的な注目の的だが、それに負けず劣らず、駐日ロシア大使館(東京都港区)のツイッターも、一国を代表する公的機関らしからぬ“奔放さ”で話題を呼んでいる。一般人に「恥を知れ」と返信したり、米国を皮肉ったり、日本語でダジャレ(?)を言ったり…。こうした親しみやすさのためか、フォロワーも増加。日本でいまだに根強い「怖い国」といった負のイメージ払拭に一役買っている。一方で「裏に意図があることも知っておくべきだ」と警戒する専門家もいる。(外信部 小野田雄一、ツイートは原則的に原文のまま)

米の主張に真っ向反論

 「米シアトル市にあるロシアの外交施設に米特務機関の関係者が侵入しようとしている。民主主義や国際法遵守を掲げている国のやり方はこれでいいのかしら(考えている顔のスタンプ)」(4月27日)

 このツイートは、英国で今年3月に起きたロシアの元スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏(66)の暗殺未遂事件に関連し、ロシアの犯行と判断した米国が、制裁として米西部ワシントン州シアトルのロシア領事館を閉鎖させるなどした騒動の際のものだ。

 ロシアは同事件への関与を一貫して否定。“証拠もないまま制裁を科すとは、自由と民主主義を掲げる米国が聞いてあきれる”との皮肉が伝わってくる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 米に皮肉、日本語ダジャレ…意外と自由?なロシア大使館ツイッター 専門家「プロパガンダに注意を」

「ニュース」のランキング