産経ニュース

【森友問題】自民、公明両党幹事長、財務省改竄前文書の23日提出を確認

ニュース 政治

記事詳細

更新

【森友問題】
自民、公明両党幹事長、財務省改竄前文書の23日提出を確認

 自民党の二階俊博幹事長と公明党の井上義久幹事長らは16日、東京都内で会談し、学校法人「森友学園」の国有地売却をめぐる財務省の決裁文書改竄問題に関し、改竄前の文書を23日朝までに国会に提出させる方針を確認した。数百ページ分の近畿財務局と同学園側との交渉記録、防衛省・自衛隊の日報問題をめぐる報告書も早期提出を政府に求めることでも一致した。

 両幹事長は財務省の改竄前文書の国会提出が当初予定していた18日から23日にずれ込んだことで、来週にも開催を見込んでいた衆院予算委員会の集中審議を再来週に延期することも確認した。同席した自民党の森山裕国対委員長は集中審議の日程について、「28日の週にやりたいと思っており、野党ともしっかり協議したい」と述べた。

 また、働き方改革関連法案をめぐって厚生労働省の労働時間調査で異常値が相次いで見つかった問題について、同省に原因究明を求めていくことを確認した。

「ニュース」のランキング