PR

ニュース 政治

1~3月期実質GDP、年率0・6%減 9四半期ぶりマイナス 消費低迷など響く

Messenger

 内閣府が16日発表した平成30年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0・2%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で0・6%減だった。マイナス成長は9四半期ぶり。

 野菜価格の高騰など身近なモノの値上がりで節約志向が高まったこともあり、個人消費が0・001%減とわずかにマイナスになったほか、住宅投資が2・1%減と大きく落ち込むなど、内需が弱かったことが影響した。

 景気の実感に近いとされる名目GDPは前期比0・4%減、年率換算で1・5%減だった。名目ベースのマイナス成長は6四半期ぶり。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ