産経ニュース

【翁長沖縄県知事記者会見詳報】ステージ2の膵がんと診断 早期の公務復帰意欲も秋の知事選対応は曖昧

ニュース 政治

記事詳細

更新

【翁長沖縄県知事記者会見詳報】
ステージ2の膵がんと診断 早期の公務復帰意欲も秋の知事選対応は曖昧

退院後、記者団の質問に答える沖縄県の翁長雄志知事=15日午前、沖縄県浦添市の浦添総合病院(杉本康士撮影) 退院後、記者団の質問に答える沖縄県の翁長雄志知事=15日午前、沖縄県浦添市の浦添総合病院(杉本康士撮影)

 「今回また膵臓のですね、腫瘍、膵がんということで、また新たな課題であるわけでありますけれども、私からすると冷静に受け止めながら、これから治療に向けて全力を傾けて頑張っていきたいなあというふうに思っております」

 「それから他にも転移があったということでありますけれども、膵臓周囲のリンパ節の中に1つ確認をされまして、手術で切除をされたと聞いております。これから定期的に通院をいたしまして、抗がん剤治療も合わせて検査、観察をしていきたいと思っております」

 「それからなんでしたっけ。それからもう1つはなんでしたかね。ああ。ええ…。ステージという質問でございます。まあ手術も前の会見でも説明をいたしましたけれども、切除した腫瘍は、大きさが約3センチでございまして、ステージは2と説明がございました。ええ、退院が早まった理由でありますけれども、むしろ少し遅くなった理由は連休が入ったもんですから、少しですね、まあ数日ではありますけれども、少し遅くなりました。あとは私が退院をして公務に徐々に慣れ親しんでいきながら、しっかりと任期を全うするためには病院のほうである意味で丁寧に入院をしたほうがよかったのか。あるいは退院をいたしましてこのように初日から記者会見をして、私からご説明をするなりをやりながら、これからの1日、1日を、公務をですね、しっかり果たせるように」

続きを読む

「ニュース」のランキング