PR

ニュース 政治

翁長雄志沖縄知事、15日に退院 膵臓腫瘍切除、記者会見で病状説明へ

翁長雄志沖縄県知事(恵守乾撮影)
Messenger

 沖縄県は14日、膵臓(すいぞう)腫瘍と診断され、県内の病院で切除手術を受け入院していた翁長雄志知事(67)が、15日午前に退院すると正式に発表した。同日午後に記者会見し、自ら病状や公務復帰の見通しなどについて説明する予定だ。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり政府と対立する翁長氏は、12月の任期満了に伴う知事選への態度を表明しておらず、健康問題が立候補の判断に影響を与えるかどうかが注目されている。県政与党や経済界の一部は、擁立に向けた動きを本格化させている。

 翁長氏は4月5日に人間ドックを受診した際に医師から再検査の指示を受け検査入院した。一時退院した後、記者会見で、2センチ程度の腫瘍が見つかったことを公表し、同21日に切除手術を受けていた。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ