PR

ニュース 政治

審議拒否の野党が衆院本会議に出席 国会19日ぶり正常化 

 主な野党も出席して開かれた衆院本会議=8日午後
Messenger

 審議拒否を続けていた立憲民主党など野党は8日午後、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)関連法案を審議する衆院本会議に出席した。国会は審議拒否が始まった4月20日以来、19日ぶりに正常化した。

 与党は安倍晋三政権が今国会の最重要法案に位置付ける働き方改革関連法案の審議を進め、6月20日の会期末までの成立を期す。

 野党は、学校法人「加計学園」の獣医学部新設に関する問題などで政権への追及を強める構え。衆参両院の予算委員会は10日、新設をめぐり「首相案件」と発言したとされる柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)らの参考人招致を行う方向だ。

 国会正常化について、自民党の二階俊博幹事長は8日午前の記者会見で「今後無駄な時間を費やさないよう、お互いに努力しなければならない。国会議員たるもの議論するのが仕事だ」と述べた。公明党の山口那津男代表は「野党の皆さんが国会審議の外で活動されているだけでは議事録という形で歴史に残らない。国会審議への復帰を歓迎したい」と語った。

 自民、公明両党の参院幹部は8日午前、伊達忠一参院議長に審議促進を申し入れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ