産経ニュース

【国民民主党結成】重鎮続々離党…「野党第一党」のもくろみも外れ満身創痍の船出

ニュース 政治

記事詳細

更新

【国民民主党結成】
重鎮続々離党…「野党第一党」のもくろみも外れ満身創痍の船出

岡田克也氏=東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影) 岡田克也氏=東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影)

 民進党と希望の党による合流新党「国民民主党」が7日、旗揚げした。ただ、両党所属議員の4割以上が不参加を決め、岡田克也元副総理、野田佳彦前首相ら民進党重鎮の「離党ドミノ」は新党の求心力の低さを印象づけた。大願だった野党第一党の座に就くこともかなわず、新党は満身創痍(そうい)の船出を迎えた。

 新党の共同代表に決まった希望の党の玉木雄一郎代表は7日、設立大会後の記者会見で参加議員の少なさについて問われると、こう強弁した。

 「6割程度ですか? そういう数字かもしれないが、政権を担いうる政党を作るための結集の第一歩として、すばらしいスタートを切れたなと思う」

 そもそも、民進、希望両党執行部が合流にかじを切ったのは、衆参両院で野党第一党を押さえなければ国会論戦で存在感を発揮できないと痛感したからだ。

 しかし、新党の陣容は、玉木氏らが唱え続けた「大きな固まり」とは程遠い。

 衆参計62人の所属議員数は平成28年3月の民進党結党時の4割に満たない。対照的に、野党第一党の立憲民主党は民進党離党者をのみ込んで70人超に膨れあがる見通しだ。

 新党に参加せず無所属での活動を選んだ議員の多くは、立憲民主党を軸とする野党再編を目指す立場から、民進、希望2党だけの合流に背を向けた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 重鎮続々離党…「野党第一党」のもくろみも外れ満身創痍の船出
  • 重鎮続々離党…「野党第一党」のもくろみも外れ満身創痍の船出

「ニュース」のランキング