PR

ニュース 政治

【国民民主党結成】国民民主党が設立大会、衆参62人参加 民進党27人が離党

新党「国民民主党」を旗揚げし、記者会見する共同代表に選出された大塚耕平氏(左)と玉木雄一郎氏=7日午後、東京都内のホテル
Messenger

 民進党と希望の党は7日、新党「国民民主党」の設立大会を東京都内のホテルで開き、大塚耕平、玉木雄一郎両代表を新党の共同代表に起用する役員人事を決めた。両党所属議員107人のうち、新党参加者は衆院39人、参院23人の計62人にとどまった。8日にも総務省への届け出を行う。

 設立大会に先立ち、民進党の岡田克也元副総理や野田佳彦前首相、小川敏夫元法相ら衆参計27人は離党届を提出し、受理された。このうち小川氏ら10人は立憲民主党に入党届を出した。

 希望の党では、細野豪志元環境相ら13人が新党に参加せず無所属で活動する。党創設メンバーの松沢成文参院議員ら衆参5人は新党「希望の党」の設立を8日にも総務省に届け出る。

 この結果、衆院は54人の立憲民主党が自民党に次ぐ第2会派と野党第一党を維持する。参院は民進党(41人)に代わり公明党(25人)が第2会派に浮上。23人の国民民主党は7日時点で野党第一党だが、7人の立憲民主党会派には民進党を離党した議員が相当数入る構想があり、立憲民主党が参院でも野党第一党となる可能性がある。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ