産経ニュース

子供人口、過去最低を更新 37年連続減の1553万人 少子化に歯止めかからず

ニュース 政治

記事詳細

更新


子供人口、過去最低を更新 37年連続減の1553万人 少子化に歯止めかからず

 5日の「こどもの日」にあわせ総務省は4日、14歳以下の子供の人口推計(4月1日現在)を発表した。前年比17万人減の1553万人で37年連続の減少となり、総人口に占める割合も前年比0・1ポイント減の12・3%と44年連続の低下となった。比較可能なデータがある昭和25年以降、人数、割合とも過去最低を更新し、少子化に歯止めがかかっていない状況が続いている。

 内訳は男子が795万人、女子が758万人。3歳ごとに区切った年齢層別では、12~14歳の326万人に対し0~2歳は293万人で、年齢層が低くなるほど少なくなっている。総務省は「出生数の低下が影響している」としている。

 子供の数は昭和29年の2989万人をピークに減少し、46年から49年の第2次ベビーブームに増加したが、57年から一貫して減り続けている。

 都道府県別(平成29年10月1日現在)の数を千人単位で比較すると、子供の数が前年より増えたのは東京都のみで7千人増の154万2千人。複数の政令指定都市がある大阪府でも1万4千人、神奈川県は1万3千人それぞれ減少した。人口に占める割合は沖縄県が17・1%と最も高く、秋田県の10・1%が最も低かった。

 調査時期は異なるが、国連人口統計年鑑などによると、人口4千万人以上の主要国32カ国のうち、日本の子供の割合は最も低く、中国の16・8%、ドイツの13・2%、韓国の13・1%を下回った。

「ニュース」のランキング