PR

ニュース 政治

【単刀直言】細田博之・自民党憲法改正推進本部長「9条改正発議へいろいろな妥協はあるかも…」

 改憲をめぐる全体的な議論では、「絶対反対」という党が反対のための議論をするでしょうね。国会では、一つ一つの政党と話し合い、理解を深めていかないとだめでしょう。その結果、3分の2をかなり超える国会議員が「この表現ならいいじゃないか」となれば、各党が意思決定をして共通の条文案の提出者になる。そういうイメージを持っています。

 憲法は制定から70年以上がたちました。条文が現実に合わないと思われる場合には現実に即して改正し、その解釈は国会できちっと決める。それが本筋の立憲主義です。事実上、私学助成は今もしているのだから条文は変えなくていいとか、緊急事態は災害対策法制の運用で対応すればいいという「お任せ主義」的な議論はすべきではありません。

(原川貴郎)

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ