PR

ニュース 政治

【加計学園問題】柳瀬元首相秘書官、面会認める意向 来週にも国会で 野党は審議復帰の見通し 

元首相秘書官の柳瀬唯夫経済産業審議官
Messenger

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)は2日までに、学園関係者と首相官邸で面会したことを国会で認める意向を固めた。与党幹部が明らかにした。与野党は来週にも衆参両院の予算委員会で柳瀬氏を参考人招致し、説明させる方向で調整に入った。先月20日から国会審議を拒否している野党は審議に復帰する見通しとなった。

 愛媛県職員が作成した文書によると、柳瀬氏は平成27年4月に県や同県今治市の職員、加計学園関係者と面会し、「首相案件」と発言したとされる。柳瀬氏は「記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」とコメントした。だが、ほぼ同内容の文書が農林水産省内で見つかり、学園関係者との面会は認める方向となった。

 与党幹部は「学園関係者に県職員らが同行していたのかもしれない。柳瀬氏がそれを認識していなかったのなら嘘を言ったことにはならない」と述べ、問題ないとの認識を示した。

 一方、働き方改革関連法案は2日の衆院厚生労働委員会で、日本維新の会をのぞく野党が欠席する中、実質審議入りした。与党は5月中の衆院通過を目指す。ただ、立憲民主党など6野党は審議を欠席した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ