PR

ニュース 政治

【シリア情勢】安倍晋三首相、シリア難民支援に1千万ドル 日ヨルダン首脳会談

ヨルダンのアブドラ国王(左)と握手する安倍首相=1日、アンマンの王宮府(共同)
Messenger

 【アンマン=沢田大典】安倍晋三首相は1日午前(日本時間同日午後)、ヨルダンのアブドラ国王と会談し、シリアの難民対策としてヨルダンとレバノンに新たに計1千万ドル(約10億9千万円)を早急に拠出することを伝えた。世界銀行の人道支援の基金に日本がすでに拠出している6500万ドルに積み増す。約130万人とされる多数の難民を受け入れているヨルダンを評価し、負担軽減に協力する。

 首相は会談で「ヨルダンの安定は地域の安定に不可欠だ。可能な限り支援する」と述べ、国王は「重要なパートナーである日本の支援に感謝する」と語った。首相は河野太郎外相が先月表明したシリア人道支援への約1400万ドル(約15億2千万円)の緊急無償資金協力も説明した。

 これに先立ち、首相はムルキ首相とも会談し、シリア難民向け施設のインフラ整備に約16億円の無償資金協力を行うことを約束する文書の交換に立ち会った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ