PR

ニュース 政治

【民進・希望合流】岡田克也氏、安住淳氏らが民進離党表明 「国民民主党」への不参加相次ぐ

記者会見で離党を発表する民進党・岡田克也常任顧問=27日午前、国会内(春名中撮影)
Messenger

 民進党の岡田克也常任顧問と安住淳元財務相、鉢呂吉雄元経済産業相、福田昭夫元総務政務官は27日、希望の党と結成する新党「国民民主党」に参加せず、民進党を離党する考えを明らかにした。岡田、安住両氏は無所属で活動し、鉢呂氏は立憲民主党に入党届を出す。福田氏は離党後の所属に関しては言及を避けた。

 4氏はそれぞれ記者会見を開いて意向を表明した。

 岡田氏は「無所属となって立憲民主党と国民民主党の距離を縮める努力をする」と述べた。安住氏は、合流を主導した民進、希望両党執行部を「野党が政府へのチェック機能を果たすべきときに、新党作りにうつつを抜かす感覚が理解できない」と批判した。

 福田氏は、民進党代表として希望の党への合流を決断した前原誠司元外相を批判し「政治行動は一緒にできない」と訴えた。前原氏は国民民主党に参加する。

 民進党の牧山弘恵参院議員も立憲民主党入党の意向をツイッターで表明した。

 希望の党でも新党不参加の動きが相次いだ。田嶋要衆院議員は記者会見で当面は無所属で活動する考えを示し、笠浩史、寺田学、井出庸生の各衆院議員はフェイスブックで新党に加わらない意向を明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ