PR

ニュース 政治

公明党・山口那津男代表、野党の審議拒否を批判「議員の責務果すべき」

Messenger

 公明党の山口那津男代表は26日午前、党本部で開いた中央幹事会で、財務省の決裁文書改竄問題などをめぐって国会での審議を拒否し続ける野党6党を批判した。「かたくなに棒を飲んだように欠席を決めてかかるのはいかがなものか。国会議員としての責務、あり方を胸に手を当てて、自覚をした上で、その責務を果たしていくべきだ」と述べた。

 同時に25日の参院本会議で一部野党が欠席したまま条約などを採決したことについて「極めて残念な事態だ」とも苦言を呈した。

 その上で、「やはり国会で議論をし、結論を出していくのが本来の議会のあり方だ。国会の委員会や本会議の外で、いろいろと主張を重ねるだけでは国民には伝わらない」とも語り、立憲民主党や希望の党などの野党に対し国会審議に復帰するよう呼びかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ